2017年8月15日火曜日

八月十五日

今日は8月15日 終戦記念日
“きょう終戦72年”という見出しでそれでも新聞一面の左の方に小さく載っている!
政府主催の全国戦没者追悼式が日本武道館で開かれるという記事が続く
全国の遺族ら5700人・天皇皇后両陛下・安倍首相らが列席戦没者を悼み平和を誓う。
 昨今の世界情勢如何なのか?平和がいつまで?
戦争を知らない世代の代になったな~とつくづく思う。
終戦記念日・敗戦 昭和一桁生まれの自分にとっては
8月15日はもう少し重く・大きい!

例年どうりであれば今日15日は精霊流しが行われるはずであった。
朝から高校野球大会8日目が雨のため日延べされた。不安に思っていたらやはり
3時過ぎ中止の放送があった。
22回目の行事のはずだった、楽しみにしていた夏の風物詩が幻となってしまった。
灯篭も町内会でお世話になり用意していたのに~。


8月15日さん
如何お呼びするのでしょう?
旧暦で8月15日は中秋の名月でした。
中秋から “なかあき” または“あきなか”さん
     一般に 「なかあき」 さんと呼ばれるとの事

2017年8月6日日曜日

成田山の夏祭り

暑い暑い☀️1日が終わり
夜空を彩る花火  成田山の夏祭りがありました。
久々にカメラを構えてみましたが〜
手ぶれしないように手すりを頼りにして



これが精いっぱいの写真


色が綺麗に見える!かな~

大勢の人出で賑わった夏の夜のひと時
ベランダから花火だけ楽しませていただきました。

2017年7月17日月曜日

夏野菜

葉物野菜は勿論玉ねぎ・じゃが芋・ニンジンなども軒並み高止まり
買い物で野菜果物の辺りではため息の毎日!

久しぶりにお近所から野菜を頂いた(*^_^*)
大きなキュウリで「きゅちゃん漬け」を作った


いつも味が濃い過ぎたり生姜が効き過ぎたり
思うようにならないが今度のも甘口になってしまった。
レシピを見ても量の差があっていつも味の違うものが出来てしまう!

毎年作る紫蘇ジュースも作った
鮮やかな色に仕上がった
なぜか映像はイマイチ
ジュースの大好きな葵ちゃんの喜ぶ顔がうかんでくる(^o^)


2017年6月23日金曜日

珍客さん

先日から何度か「クゥクゥ」という声がベランダから聞こえてくる。
隣の衝立を越えて2羽の鳩が顔を見せている
ベランダのブロックの上に
以前にもハトはやって来ることがあったが2羽でやって来ることは無かった
つがいだろうか?それにしてはよそよそしい!
でも2羽は連れだって隣からやって来たのだ
しかも左の鳥の足には何やら標が付いているよう

などと考えているうちに右の鳥は飛び立っていきもう1羽は衝立を越えて隣へいってしまった。
  

先日何かで見たオシドリの話
仲の良い夫婦のことを“おしどり夫婦”と言われるが
実は抱卵・子育てはメスだけがおこない
卵が無事生まれると 即つがいは解消する。
そして次の繁殖期には別の相手とつがいになる
これを繰り返す!
意外な話に思えた。
   


2017年6月10日土曜日

6月のカレンダー

今年のカレンダーも早くも六月
今日はもう時の記念日! 虫歯の日もあった!
「時は金なり」 「時は人を待た」
いろんな言葉がある。いずれも慌ただしい。

こちらも、ある日の新聞の記事から~
漫画“ドラえもん”の一コマ
小学生ののび太
「僕の一番嫌いな六月!」
祝日が一日もない、こんなつまんない月があるか!
そういえば5月のみどりの日 7月の海の日 8月の山の日
最近に制定されたお休みの日!
のび太でなくとも、大人でもそう思っているかもしれない。
漫画のドラえもんとのび太は「ぐうたら感謝の日」を制定した。
のび太君は何時までも小学生 でも、はやく
「勤労感謝の日」があるように、働く喜び、働ける喜びを教えなくては!!!
思い出します。昔、田植え休みがありました。子供でも一人前の働き手として、農業を支えていたのです。
家の仕事をするのは当然だったのです。

2017年5月26日金曜日

ドクターヘリ

ドクターヘリが病院の屋上に飛来します
患者を搬送してきます
病院の院内放送があった
どんな患者が運ばれて来るのかー
バタバタと屋上へ急ぐ医師や看護師
テレビドラマでみた緊迫した情景が目に浮かぶ!

兵庫県のドクターヘリ基地病院
公立豊岡病院救命救急センター
県立加古川医療救命救急センター

ドクターヘリの維持費は非常に高額なので
一市町村や消防署単位での維持は困難で、多くは
都道府県で維持管理されている。
周辺自治体と提携運用している場合もある。

基本的に搬送料は無料ですが機内で受けた医療に対する費用は発生する。

2017年5月21日日曜日

七色樫

先日「三つ星山のふもと」さんのブログを見せて頂きました。
不思議な木 七色樫
見たことがないと思い検索してみました。
そして長男の仕事先にも其れらしいものがあると聞いたのを思い出した t🤖

日野郡江府町武庫地区にある七色樫 奥大山物語があった
戦国時代この近く半之江城の代官の元へ都から侍女に来た おみさ と言う娘がいた。
おみさは代官の息子と相思相愛の中となったが
この息子には父が決めた許婚者があった。
おみさはこれを知って日野川の淵に身を投げ蛇身になって淵の主となった。
ここを乙女淵と呼んで恐れられていたが、
その後日野川は洪水をおこしこの淵を埋めてしまった。
すみ場所を失った おみさの蛇は土手を這い上がり身を変じて大きな樫の木となった。
樫の木は秋になると美しく紅葉するが🍁その色を 
紫 黄 白 赤 緑 青 黒 と変えていくという。このため七色樫と呼ばれている。

実生もなくとり木・挿し木も不能で
なぜ季節の移り変わりと共に変色するのか原因も未だ不明のままだという。

その土地、土地にいろんな物語がある様ですq